Category : Review

Lussuria – Industriale Illuminato

155005

Industrialの興隆はまだ冷めず、2014年もたくさんのこの手のサウンドを聴く機会があった。そんな中で個人的に印象に残ったのはダンスミュージックからは離れ、リスニングとして成立させようとした方向性の作品でありこのLussuriaのアルバムもその1つ。前作とは違い耳をつんざくような攻撃的なサウンドは少なくなり、反対に抽象的で落ち着いた雰囲気が漂っている。ホラー映画から影響を受けているらしく、曲の世界観はダークだがゴリゴリとした押しの強さはなくどこか気品があり、視覚的なグロテスクさに頼ったB級ホラーとは違うぞといったところか。同じジャンルの他作品が多い中で、この一歩引いたところから聴かせるスタンスは逆に埋没しない魅力があった。

written by Qiyo

www.quatout.com

Powered by: Wordpress